名人戦・盤聖戦開催要項

  1. 名人戦・盤聖戦の実行委員会がこれを運営する。
  2. 各支部・例会・グループ・インターネットで地区予選を開催してもらい、代表者を決定する。
    代表者はグランドファイナルに進出する。

    予選開催期間は下記の通り。
    名人戦 11月~4月末
    盤聖戦 5月~10月末

  3. グランドファイナルは各地区の代表者がファーストステージとセカンドステージを戦い、
    セカンドステージの優勝者がタイトルを獲得する。
    開催期間は地区予選終了後から3カ月程度とする。

    • ファーストステージについて
      • シングルエリミネーションのトーナメントをライブ、またはオンラインで行う。
        オンライン対戦の場合、サーバーはGrid Gammonとする。
        両者が同地域出身者の場合はできるだけライブで行い、離れている場合はオンラインとする。
        但し、離れた地域のプレイヤーが対戦相手のいる地域まで来た場合、対戦はライブで行うものとする。
      • ファーストステージの1ラウンドの期限は14日間前後とし、ディレクターが別に定める。
      • 決勝トーナメントで3枠者が出た場合、1回戦終了後にリドローする。
        (1枠者vs3枠者、3枠者vs3枠者で自動的に連戦にはしない)
    • セカンドステージについて
      ファーストステージベスト4以降の試合をセカンドステージと呼び、
      必ずライブで行い、決勝進出者が最も多い地域で2日間の日程で開催する。
      プレイヤーに移動が必要な場合は交通費、宿泊費を補助する。
  4. 地区予選の開催、支給枠数については下記の通り定める。

    開催条件)
    以下の4点を満たす支部には代表枠を規定数与える。

    • 月1回以上例会(レーティング例会でなくてもよい)を開催する。
    • 予選参加者(要JBL会員資格)が4人以上いること。
    • 予選参加者は地区予選参加中、グランドファイナル期間中、タイトルを保持している期間中はJBL会員である必要があります。
    • 予選形式は各支部に一任するが、予選方式をディレクターにあらかじめ提出する。
    • 名人戦予選は10月末まで、盤聖戦予選は4月末までに申請すること。

    代表枠の規定)
    各支部の代表枠数は予選参加者数と参加者のレーティングによって決定する。
    具体的な計算式は下記の通り。

    • 代表枠数計算式
      • 予選参加者÷4 を基本枠数とする。(A)
      • (予選参加者の平均レート)-1000 を計算する。
        但し、1025点以下のプレイヤーは1025点として計算する。(B)
      • (B)/25 の平方根を計算し小数第3位を四捨五入。(C)
      • (A)*(C) を切り捨てたものをその支部の枠数とする。但し、(C)が1以下の場合、(C)は1とする。
          例:ある支部の参加人数が6人、予選参加者の平均レートが1050のとき。
        (A)=1.5 , (C)=1.41
        1.5*1.41=2.115 なので切り捨てて、2枠。
    • 備考
      • 代表枠が2枠以上の場合、2枠を一単位としてグランドファイナル進出の価値を高める。
          例:5枠の場合は、2枠2人と1枠1人。
      • ネット予選の参加者で、地元の例会で予選がある人の参加費と、無い人の参加費に2000円の差を設ける。
        地元とは電車(鈍行)で片道1時間以内の例会のことを指す。
      • 現タイトルホルダーは一定の枠数を自動的にもらえる。
        もらえる枠数は前期(名人戦なら直前に終了した盤聖戦、盤聖戦なら直前に終了した名人戦)の参加枠数に応じて下記の通りとする。

        • 前期の枠数が19枠まで→2枠
        • 前期の枠数が20枠から27枠まで→3枠
        • 前期の枠数が28枠から35枠まで→4枠
  5. 賞金について
    ベスト4以上の入賞者には賞金が与えられる。
    賞金額に関しては各開催ごとに別に定める。

ネット麻雀JOYJAN