JBLについて バナー

JBL SHOPバナー




動画でルールを学びたい方は画像をクリック。


ボードの説明、初期状態

ボードには24個の三角形が描かれていて、6個ずつの部分が一かたまりとなって4分割されています。駒は自分と相手の駒がそれぞれ15個ずつあって、最初は図のように配置されます。

図では白の駒が自分の駒で、反時計回りに(24から1に向かって)動かします。相手は黒の駒で時計回りに(1から24に向かって)動かします。

4分割された手前の右側を自分のインナー、手前の左側を自分のアウター、奥の右側を相手のインナー、左側を相手のアウターと言います。そして中央のしきりをバーと言います。

ゲームの目的

まずさいころの目に従って、自分の駒を自分のインナーに向かって動かし、全ての駒を自分のインナーに集めます。そうすると駒を一枚ずつ上げることが出来ます。さきに全ての駒を上げたほうが勝ちとなります。

ゲームの進め方

最初に、双方とも一個ずつさいころを振ります。大きい目を振ったほうが先手となり、出た目にしたがって駒を動かします。(同じ目を振った場合は違う目が出るまで、振りなおしになります。)最初に先手後手を決めた後は、交互に2個ずつさいころを振って出た目にしたがって駒を動かします。

駒の動かし方

駒は出た目の数だけ前に進めることができます。例えば5と3を振ったならある駒を5進めて、そのままさらに3を進めることもできますし、ある駒を5進めて、また別の駒を3進めることもできます。

ただし、相手の駒が2個以上あるところに駒を進めることは出来ません。図で、24にある駒を21に進めてから、16に進めることはできますが、24にある駒を19に進めることは出来ません。

駒を2個重ねることをポイントを作ると言い、こうすることで相手の駒の進行を邪魔します。図で、8から3、6から3へ駒を動かして2個の駒を重ねる手を3ポイントを作ると言います。

ゾロ目(2つのさいころの目がおなじこと)の場合はその目の数を4回使って駒を動かすことが出来ます。

出たさいころの目は動かすことが可能であるなら全て使わなければなりません。

片方の目しか使えない場合は、大きいほうの目を使わなければなりません。

ヒット、エンター、ダンス

相手の駒が一枚あるところに自分の駒を進めると、相手の駒はふりだしにもどります。これをヒットといいます。ヒットした駒はバー(中央のしきり)の上に置きます。

自分の駒がヒットされた場合、まず自分の駒をバーからボードの中にもどさなければなりません。駒がバーからボードの中に戻ることをエンターと言います。

バーは中央にありますが、24より後ろの25の位置にあると考えてください。例えば、左図のように相手にヒットされた後、2と3を振った場合は25の位置にあるバーから22か23に駒を進めることが出来ます。右図のように25から進める22と23のどちらの位置にも相手のポイントが出来てる場合、バーの上にある駒をボードの中に戻すことができなかったので、一回お休みになります。これをダンスと言います。



ベアオフ(駒を上げること)

自分の駒がすべて自分のインナーにある時、出た目の位置にある駒を上げることが出来ます。もし出た目の位置に駒が無くて、さらにそのうしろにも駒が無い場合には、一番後ろにある駒を上げることが出来ます。

たとえば左図で4と3を振った場合、4にも3にも駒がありませんが、5にも6にも駒が無いので、2にある駒を2枚上げることが出来ます。

右図だと4と3に駒がありませんが、5と6に駒があるので、駒を上げることは出来ません。5と6にある駒を動かすことになります。



ギャモン、バックギャモン

ギャモンの勝ち方には3種類あります。

相手の駒が一個でも上がってる状態で勝つことをシングル勝ちと言い、1点勝ちになります。

相手の駒が一個も上がってない状態で勝つことをギャモン勝ちと言い、2点勝ちになります。

また相手の駒が一個も上がってなくて、さらに相手の駒が一個でも自分のインナーに残っている状態で勝つことをバックギャモン勝ちと言い、3点勝ちになります。

ポイントマッチ

ある特定の点数を決めておいて、先にその点に到達したほうが勝ちとなる形式のマッチをポイントマッチと言います。例えば5ポイントマッチと言ったら先に5点を取ったほうが勝ちになります。

とりあえず、ここまで理解すればゲームは出来ます。これから先に書いてあることが理解できなくても、ゲームを始めてしまって構いません。実際にゲームをしてみればわかると思います。

ダブリング

自分の番の時さいころを振る前に、「勝負がついたときの点数を倍にしよう」と提案することが出来ます。これをダブルと言います。これを受けると、勝負がついたときの点数が倍になります。例えばダブルをして、相手がこれを受けて、ギャモン勝ちすると2x2=4点 獲得します。ダブルを受けないと、ダブルをしたほうが1点獲得して、新たなゲームが始まります。

ダブルは最初は双方のプレイヤーともできますが、プレイヤーAがダブルをしてプレイヤーBがこれを受けた場合、プレイヤーAはプレイヤーBがさらにダブルをしてくるまでダブルをすることは出来ません。つまり最初は双方ともにダブルをする権利を持っていますが、ダブルをするとダブルをした方はダブルをする権利を失ってしまい、ダブルを受けたほうだけがさらにダブルをする権利を持ちます。さらにダブルをすると、2倍の2倍で4倍のゲームになり、シングル勝ちでも4点勝ちになります。ここでダブルを受けないと、2点失う事になります。このようにダブルに対してさらにダブルすることをリダブルと言います。

クロフォードルール

Nポイントマッチで片方のプレイヤーが N-1点に達した直後のゲームでは双方ともにダブルをすることが出来ません。これをクロフォードルールと言います。例えば5ポイントマッチで3対2のスコアから4対2になった直後のゲームではダブルをすることが出来ません。2点側が勝って4対3になると、クロフォードルールは適用されないので、ダブルをすることが出来ます。

大会でのマナー

■ ダイスをカップに入れ、指でカップの口を押さえて3回以上振りましょう。

■ 駒を動かす動作は片方の手で行いましょう。また、クロックは駒を動かしたのと同じ方の手で押しましょう。


JBL公式トーナメントルールはこちらをご覧ください。

ルール・マナーに関して質問がある方はこちらへどうぞ