JBLについて バナー

JBL SHOPバナー

2020新鋭戦のお知らせ
2020年3月4日

D5D_1190(写真は2019年新鋭戦決勝 左:川島 颯、右:名城健太郎)

新鋭戦は25歳以下のプレイヤーのみが参加できる、若手の登竜門の大会です。
今年はコロナウイルス対策のため、東西予選を中止してオンライン予選を2回行い、各予選の優勝者同士が5月3日~5日のバックギャモンフェスティバルで決勝戦を行う方式となりました。
また、各予選はBackgammon Galaxyで行われます。予選第1回は3月20日、第2回は4月を予定しております。

各予選の優勝者はフェスティバルまでの交通費を補助。フェスティバルでの決勝の勝者は次年度の日本選手権に招待されます。
すべての試合はJBLレーティング戦です。
ディレクター(運営)は日野雄之が務めます。不測の事態が発生した場合、最終的な決定権は主催のJBLにあります。

新鋭戦2020 概要

・方式
予選:7ポイントマッチのラウンドロビン(7ポイントマッチを対戦相手を次々に変えて行い、勝ち越し数の多いものを優勝とする。
勝ち越し数が同じ場合、マッチ数の多いものの優勝。それも同率の場合は直接対決で勝っている方の優勝。)参加者が6名以下の場合、方式を変更する可能性があります。
両方の予選に参加することも可能ですが、第1回予選で優勝したら、次の予選には出場できません。
決勝:15ポイントマッチの決勝戦

・賞品
各予選の優勝者はバックギャモンフェスティバルに招待。交通費補助として実費(最大30000円)を支給。
決勝優勝者は次年度の日本選手権に無料招待されます。(50000円相当)
決勝優勝者には特製キューブが贈られます。(制作:手作り陶器 まちゃぷ)

・特典
各予選の優勝者は事前にインタビューし、バックギャモンフェスティバルのHPで紹介されます。
決勝戦は終盤を公開対局とし、大盤でプロプレイヤーが解説、世界配信されます。

・資格
予選当日に25歳以下であればどなたでも参加できます。
Backgammon GalaxyのIDが必要です(無料で即時に作成可能)。
決勝進出者は日本バックギャモン協会会員になる必要があります。
決勝進出者は2020年のバックギャモンフェスティバルにて中級戦か日本選手権への参加を求められます。

・予選詳細
第1回予選 
日付:3月20日(金)13時~20時
場所:Backgammon Galaxy
参加費:3000円(高校生以下1000円)
方式:7ポイントマッチのラウンドロビン。持ち時間は7分、ディレイは10秒の設定(Normal)で行う。(10秒以内にムーブをすれば持ち時間は減りません)
7ポイントマッチを対戦相手を次々に変えて行い、勝ち越し数の多いものを優勝とする。勝ち越し数が同じ場合、マッチ数の多いものの優勝。それも同率の場合は直接対決で勝っている方の優勝。
マッチが終わるごとに、参加者は15分の休憩を取ることが出来ます。両者の合意があれば、すぐに次のマッチを始めても構いません。
優勝の可能性がなくなった場合でも、参加者は20時までに最低でも6マッチプレイする義務があります。また、6マッチを終えるまで、参加者はマッチ間に15分以上の休憩を取ることは出来ません。6マッチを終えた後は、マッチが終わるごとに自由に休憩を取ることが出来ます(もちろん対戦を続けることは出来ますし、推奨します)。やむを得ない理由により、20時までに6試合をこなすことが不可能な事態が発生した場合は、ディレクターが柔軟な裁定が下す可能性があります。
ラストマッチは、19:30までに開始されなければなりません。
参加者は、Skype,LINE,Twitterのいずれかのアカウントを有し、予選開催中は常に日野のアカウントと連絡が取れるようにしてください。(LINEを推奨)
スケジュール:
13:00 試合開始
19:30 ラストマッチ
20:00 終了(予定)

参加する方は、3/18 24:00までにこの掲示板に参加表明をしてください。名前と、Backgammon GalaxyのIDを書いてください。
参加費の支払いは、日野のLINEにLINE Payで送金するか、

みずほ銀行 新宿南口支店 普通2096363 口座名義:ヒノタカユキ 
ゆうちょ銀行 店名:ゼロイチハチ 普通5671244 ヒノタカユキ

上記の口座に振り込んでください。支払いの完了をもって、エントリー完了とします。

第2回予選
日付:未定(4月中)
場所:Backgammon Galaxy
参加費:3000円(高校生以下1000円)
方式:7ポイントマッチのラウンドロビン。持ち時間は7分、ディレイは10秒の設定(Normal)で行う。(10秒以内にムーブをすれば持ち時間は減りません)
7ポイントマッチを対戦相手を次々に変えて行い、勝ち越し数の多いものを優勝とする。勝ち越し数が同じ場合、マッチ数の多いものの優勝。それも同率の場合は直接対決で勝っている方の優勝。
スケジュール:未定

連絡先:日野雄之(hinognu@yahoo.co.jp)

決勝戦
5月3日~5日に開催されるバックギャモンフェスティバル内で、お互いの空き時間で行う。
試合は15ポイントマッチ。具体的な開始日時は未定。(大盤解説は3日目)
終盤から大盤での解説、世界配信を行う。


コメントを残す