賽王戦について バナー

JBLについて バナー

JBL SHOPバナー

Monthly Archives: 3月 2020

都下のイベントの無期限停止のお知らせ (Cancellation of BG meetings in Tokyo)
2020年3月26日

プレイヤー、ご協力者、ご協力企業の皆様へ

いつもお世話になっております。

さて、3月25日の小池都知事の会見にありました通り、東京都の
感染者数は増え続けており、感染爆発の懸念がある状況になりました。
知事の提案する、「3つの密」を避け、自粛要請に協力するため、
都下で開催される下記のイベントに関して、無期限停止を発表いたします。

・赤坂バックギャモン道場 (毎週日曜日開催)
・代官山バックギャモンナイト (毎週火曜日開催)
・Gammon Platform Square (月1回 月末開催)

再開時期につきましては、今後の感染状況の推移に注視し、
随時発表していきたいと思います。少なくとも4月8日(水)には
状況報告とイベント停止の継続か再開かを再度お知らせいたします。

また、都下のその他のイベント、または東京都以外のイベントに関しては、
当地の状況もありましょうから、各イベント主催者のご判断に委ねております。
各イベントの主催者までお問い合わせください。
中止の場合はイベントカレンダーから削除されますので、
イベントカレンダーをご確認いただくことでもわかります。
http://www.backgammon.gr.jp/EventSchedule/calendar/calendar.cgi

バックギャモンの会が開催できないのは大変残念ですが、国民的危機を乗り切るために最善と考え、
このような判断に至りました。皆さんのご理解、ご協力を得られれば幸いです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

日本バックギャモン協会 
代表 来住野香子

Dear players,
As a response to Tokyo mayor’s press meeting last night that asked us to stay at home and holding no meeting on the weekend, we canceled most backgammon meetings in Tokyo.
That includes,
-Akasaka Backgammon Dojo
-Daikanyama Backgammon Night
-Gammon Platform Square

We will closely watch the situation and announce the date of the reopening.
We are going to make an announcement on the 9th of April at the latest.

Other events held in Tokyo and The events held out of Tokyo will be decided
by organizers of the event depends on their area’s situation.
Please check with your event organizers. You can also check our event calendar.
http://www.backgammon.gr.jp/EventSchedule/calendar/calendar.cgi

It is beyond sad to close our meetings but to fight against Corona Virus and protect
our community it is the best we can do for now.
I thank for your understanding.

Japan Backgammon League
President Kaoruko Kisuno

バックギャモンフェスティバル2020 中止のお知らせ
2020年3月18日

プレイヤー、ご協力者、ご協力企業の皆様へ

フェスティバル実行委員会は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、会場での感染症対応策を検討してまいりましたが、国内外における急激な感染拡大、また、2020年3月13日にはWHOによるパンデミック宣言も発令され、主催者といたしましては、ご来場者、ご協力者、ご協賛社様各位の健康・安全を第一に考えると、このような状況下では円滑かつ有意義なイベントを開催することが難しいと判断し、本イベントを中止させていただくことといたしました。

不測の事態とはいえ、主催者といたしましては誠に残念で遺憾ではございますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。フェスティバル中止に伴い、日本選手権をはじめとするフェスティバル内で開催予定だったすべてのイベントは不開催となります。

2020年3月18日

バックギャモンフェスティバル2020 実行委員会
委員長 望月正行

第26期盤聖戦 中村慶行名人が優勝
2020年3月16日

2020年3月14日、15日、赤坂バックギャモン道場(東京、赤坂)におきまして第25期盤聖戦の準決勝、決勝戦が行われ、中村慶行名人が上田英明盤聖をセット2-0(11-6/11p, 11-6/11p)で降し優勝しました。中村慶行選手はこれで盤聖、名人の二冠に輝きました。
IMG_1810(向かって右から上田英明前盤聖、中村慶行盤聖名人、望月正行(ディレクター))

中村慶行盤聖名人のコメント:準決勝は調子が悪く、自分に対して怒りが止まりませんでした。ただ、今日は盤聖対名人の対決ということを思い出し、名人らしいプレイをしようと思い、気持ちを持ち直すことができました。盤聖と名人を同時にとるのは自分でもびっくりするぐらいの快挙を成し遂げられたと思いますが、最後の一週間、毎日11ポイントマッチを相手してくれた名城君、西村さん、市川さんに感謝したいと思います。まだ盤聖名人というほどには強くないと思うのですが、PR3切りを達成して、名前にふさわしいぐらいの強さを手に入れたいと思っています。これからも精進していきます。

トーナメント表
第26期盤聖戦グランドファイナル

〇準決勝、決勝の組み合わせと結果
準決勝 (3月14日)
田中準一(大阪代表) vs 上田英明盤聖(現盤聖、大阪代表、足利オープン優勝)
上田英明がセット2-1で勝ち。

中村慶行名人 (インターネット予選代表) vs 池谷直紀 (インターネット予選代表)
中村慶行がセット2-0で勝ち。

決勝(3月15日)
中村慶行名人 (インターネット予選代表) vs 上田英明盤聖(現盤聖、大阪代表、足利オープン優勝)
中村慶行名人がセット2-0(11-6/11p, 11-6/11p)で勝ち。

〇決勝動画リンク
上田英明盤聖 vs 中村慶行名人(本配信)
上田英明盤聖 vs 中村慶行名人(池谷氏による解説配信)

〇決勝棋譜(上田英明盤聖 vs 中村慶行名人)
1set目 棋譜(.mat形式)
1set目 棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル)
2set目 棋譜(.mat形式)
2set目 棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル)

〇準決勝動画リンク 
上田英明盤聖 vs 田中準一と中村慶行名人 vs 池谷直紀

〇準決勝棋譜 田中準一(大阪代表) vs 上田英明盤聖(現盤聖、大阪代表、足利オープン優勝) 
1set目 棋譜(.mat形式)
1set目 棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル)
2set目 棋譜(.mat形式)
2set目 棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル) 
3set目 棋譜(.mat形式) 
3set目 棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル) 

〇準決勝棋譜 中村慶行名人 (インターネット予選代表) vs 池谷直紀 (インターネット予選代表) 
1set目 棋譜(.mat形式)
1set目 棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル)
2set目 棋譜(.mat形式)
2set目 棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル)

盤聖戦についてはコチラ

IMG_1789準決勝(左 中村慶行名人、右 池谷直紀)

IMG_1787準決勝(左 上田英明盤聖、右 田中準一)

IMG_1792カフェいっぷくで開催された解説会の様子

IMG_1800決勝 (左 上田英明盤聖、右 中村慶行名人)

2/15(土) 埼玉例会[活動報告]
2020年3月13日

「チョコレート争奪戦」

2020年2月の埼玉例会はヴァレンタインデーの翌日。
15名で行われました。

2

先月、永世玉オーになったばかりの犬塚さんに川上さんが挑戦して、犬塚玉オーの6回目の防衛となりました。

ブリッツ決勝トーナメントは滝沢さんが優勝しました。
次回、玉オーに挑む予定です。

ブリッツ予選は2枠たって、滝沢さんと西村さんが決勝トーナメント出場権を獲得しました。

1

ラウンドロビン上位の結果は
1位 犬塚 8-5 +12
2位 西村 10-4 +6
3位 武藤 9-3 +4
4位 川合 7-4 +4
5位 矢野 4-6 +3
6位 鈴木 7-3 +1
7位 川上 5-3 +1
8位 市川 3-5 +1
9位 滝沢 4-3 ±0
10位 小澤 2-2 ±0

ここまでの人は、景品のチョコレートを2個ずつお持ち帰り。

http://assist7.wixsite.com/saitama-bg

撮影 : 高橋
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

1/18(土) 埼玉例会[活動報告]
2020年3月13日

「どちらが勝っても二人目の…」

令和2年の埼玉例会は1月18日に行われました。

ブリッツは2枠、川上さんと市川さんが獲得。
ブリッツ決勝トーナメントは川上さんが玉オー挑戦権を獲得しました。
チャンピオンシップは犬塚玉オーに西村千葉オーが挑戦しました。
犬塚玉オーが勝てば市川さんに次ぐ二人目の永世玉オー。
西村さんが勝てば滝沢さんに次ぐ二人目の千葉玉オー。
どちらが勝っても快挙の1戦。
軍配は犬塚玉オーの防衛、5回目の防衛を果たし永世玉オーの座に輝きました。

2020埼玉例会_200310_0025

次の玉オーキューブも既に入手済み。
新しく誕生する玉オーにはどんなキューブが渡されるのかなぁ。

埼玉にはちょくちょくツーリストが初参加してくれます。
仕事で関東に来てて日程が合った、みたいな顔見知りのツーリスト初参加ですね。
しかし今回は本当のツーリストが来てくれました。
来日3回目、埼玉の久喜から参加のマークさん。
楽しんで貰えたら嬉しいな。
カタカナのサインが魅力的でした。

1月は埼玉リーグのリセットの月。
年間エントリーにしようか、何回来られるか判らないから参加毎にしようか、迷う受付も1月ならではの光景です。

2020埼玉例会_200310_0020

ラウンドロビンは17人。
1位 市川 4-2 +20-3
2位 板持 6-2 +19-6
3位 房松 7-2 +11-6
4位 西村 2-2 +8-3
5位 岡谷 2-1 +3-1
6位 鈴木 5-2 +9-6
7位 犬塚 3-2 +7-4
8位 乙部 1-1 +4-2
9位 吉川 3-2 +4-3
10位 川合 5-4 +10-9 でした。

2020埼玉例会_200310_0004

http://assist7.wixsite.com/saitama-bg

撮影 : 岡谷
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

12/21(土) 埼玉例会[活動報告]
2020年3月13日

「今さらな2019年の総決算」

平成から令和になって
令和も2年、それも3月過ぎて
去年の12月と去年のご報告。

埼玉リーグに優勝したのは髙橋勇樹さん。
ご存知の無い方に軽く説明。
(軽くないかも)
1月から11月までの間、幹事が決めた相手と5pt.ゲームを1ゲームだけやります。
勝つと2点、負けると1点。
エントリーが奇数人でゲームが無かった一人も通年エントリーだと1点貰えます。
参加毎のエントリーも可能です。
11月の例会終了時点での点数の上位4人で12月に5pt.でトーナメント戦を行い、埼玉リーグの優勝者を決定します。
過去の埼玉リーグでは市川さんしか優勝しませんでした。
2019年は11月のリーグ戦終了時点で上位3人は決定しましたが4人目が二人いて4枠目の争奪戦が行われたのです。
そのプレーオフを勝ち取り、埼玉リーグ決勝トーナメントを勝ち進んで、優勝したのが髙橋勇樹さんなのでした。

さいたま例会2019_200310_0134

12月の例会のメインイベントはリーグ優勝者の決定なのですが、トーナメントに無関係の参加者はその間にいつもより長丁場のラウンドロビンのゲームに勤しみます。
対戦数、勝ち数、勝ち点を稼ぐ為です。
(勝率を稼ぐのは1日にして為らずですね)

さいたま例会2019_200310_0132

12月の埼玉の後半は各自持ち寄ったクリスマスプレゼントを参加者全員の順位を決めるトーナメントを行って(沢山の頭脳が結集してトーナメントが行われます)上位から順番に選んでいくのです。
いつもより少し早めに例会を終えて(それでも最長7時間です)いつも通り打ち上げは香港亭。

さいたま例会2019_200310_0121

本来なら、年間表彰は、ここから集計して年越しに行いますが、このページは2019総決算なのでご報告。

ゲーム数の優勝は滝沢さん(92ゲーム)
2位板持さん(87ゲーム)
3位森山さん(85ゲーム)

勝ち数の優勝は板持さん(49勝)
2位森山さん(47勝)
3位滝沢さん(46勝)

勝率の優勝は乙部(66.67)
2位市川さん(65.96)
3位西村さん(62.86)

ラウンドロビンは点数を争うゲーム
獲得点数の優勝は西村さん(68点)
2位髙橋さん(34点)
3位市川さん(31点)

皆勤賞は2019年は6人でした。

http://assist7.wixsite.com/saitama-bg

撮影 : 岡谷
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

大阪オープン中止のお知らせ / Cancellation of Osaka Open
2020年3月6日

大阪オープン中止のお知らせ

2020年3月21日~22日に予定されていた大阪オープンですが、 コロナの感染者がまだまだ増え続けている状態なので、中止とさせていただきます。
大阪オープンまであと少しというところで参加予定の皆様には誠に申し訳ありません。
また、大阪例会に関してもしばらく休会致します。
コロナウイルスの沈静化を見極めながら開催出来る日を決めてお知らせいたします。

事前申込で振込をされた方々には返金させて頂きますので、 お名前と振込先などを下記までお知らせ頂けますでしょうか。
宜しくお願い致します。

ml

大阪支部長 中村幸男

Dear Backgammon fans,
We regret to inform that we should cancel Osaka Open (Scheduled 2020/3/21-22) due to
Corona Virus.
It wasn’t an easy decision for us as the date was so close and we sincerely apologize to anyone who planned to attend.
Osaka’s regular meetings are also closed for a while.
We carefully observe the situation of Corona Virus and announce when re-open the meeting.

People who made a pre-register to the tournament will get a refund of the entrance fee.
Please send us your name and bank account information to an email shown below.

ml

President of Osaka branch
Yukio Nakamura

2020新鋭戦のお知らせ
2020年3月4日

D5D_1190(写真は2019年新鋭戦決勝 左:川島 颯、右:名城健太郎)

新鋭戦は25歳以下のプレイヤーのみが参加できる、若手の登竜門の大会です。
今年はコロナウイルス対策のため、東西予選を中止してオンライン予選を2回行い、各予選の優勝者同士が5月3日~5日のバックギャモンフェスティバルで決勝戦を行う方式となりました。
また、各予選はBackgammon Galaxyで行われます。予選第1回は3月20日、第2回は4月を予定しております。

各予選の優勝者はフェスティバルまでの交通費を補助。フェスティバルでの決勝の勝者は次年度の日本選手権に招待されます。
すべての試合はJBLレーティング戦です。
ディレクター(運営)は日野雄之が務めます。不測の事態が発生した場合、最終的な決定権は主催のJBLにあります。

新鋭戦2020 概要

・方式
予選:7ポイントマッチのラウンドロビン(7ポイントマッチを対戦相手を次々に変えて行い、勝ち越し数の多いものを優勝とする。
勝ち越し数が同じ場合、マッチ数の多いものの優勝。それも同率の場合は直接対決で勝っている方の優勝。)参加者が6名以下の場合、方式を変更する可能性があります。
両方の予選に参加することも可能ですが、第1回予選で優勝したら、次の予選には出場できません。
決勝:15ポイントマッチの決勝戦

・賞品
各予選の優勝者はバックギャモンフェスティバルに招待。交通費補助として実費(最大30000円)を支給。
決勝優勝者は次年度の日本選手権に無料招待されます。(50000円相当)
決勝優勝者には特製キューブが贈られます。(制作:手作り陶器 まちゃぷ)

・特典
各予選の優勝者は事前にインタビューし、バックギャモンフェスティバルのHPで紹介されます。
決勝戦は終盤を公開対局とし、大盤でプロプレイヤーが解説、世界配信されます。

・資格
予選当日に25歳以下であればどなたでも参加できます。
Backgammon GalaxyのIDが必要です(無料で即時に作成可能)。
決勝進出者は日本バックギャモン協会会員になる必要があります。
決勝進出者は2020年のバックギャモンフェスティバルにて中級戦か日本選手権への参加を求められます。

・予選詳細
第1回予選 
日付:3月20日(金)13時~20時
場所:Backgammon Galaxy
参加費:3000円(高校生以下1000円)
方式:7ポイントマッチのラウンドロビン。持ち時間は7分、ディレイは10秒の設定(Normal)で行う。(10秒以内にムーブをすれば持ち時間は減りません)
7ポイントマッチを対戦相手を次々に変えて行い、勝ち越し数の多いものを優勝とする。勝ち越し数が同じ場合、マッチ数の多いものの優勝。それも同率の場合は直接対決で勝っている方の優勝。
マッチが終わるごとに、参加者は15分の休憩を取ることが出来ます。両者の合意があれば、すぐに次のマッチを始めても構いません。
優勝の可能性がなくなった場合でも、参加者は20時までに最低でも6マッチプレイする義務があります。また、6マッチを終えるまで、参加者はマッチ間に15分以上の休憩を取ることは出来ません。6マッチを終えた後は、マッチが終わるごとに自由に休憩を取ることが出来ます(もちろん対戦を続けることは出来ますし、推奨します)。やむを得ない理由により、20時までに6試合をこなすことが不可能な事態が発生した場合は、ディレクターが柔軟な裁定が下す可能性があります。
ラストマッチは、19:30までに開始されなければなりません。
参加者は、Skype,LINE,Twitterのいずれかのアカウントを有し、予選開催中は常に日野のアカウントと連絡が取れるようにしてください。(LINEを推奨)
スケジュール:
13:00 試合開始
19:30 ラストマッチ
20:00 終了(予定)

参加する方は、3/18 24:00までにこの掲示板に参加表明をしてください。名前と、Backgammon GalaxyのIDを書いてください。
参加費の支払いは、日野のLINEにLINE Payで送金するか、

みずほ銀行 新宿南口支店 普通2096363 口座名義:ヒノタカユキ 
ゆうちょ銀行 店名:ゼロイチハチ 普通5671244 ヒノタカユキ

上記の口座に振り込んでください。支払いの完了をもって、エントリー完了とします。

第2回予選
日付:未定(4月中)
場所:Backgammon Galaxy
参加費:3000円(高校生以下1000円)
方式:7ポイントマッチのラウンドロビン。持ち時間は7分、ディレイは10秒の設定(Normal)で行う。(10秒以内にムーブをすれば持ち時間は減りません)
7ポイントマッチを対戦相手を次々に変えて行い、勝ち越し数の多いものを優勝とする。勝ち越し数が同じ場合、マッチ数の多いものの優勝。それも同率の場合は直接対決で勝っている方の優勝。
スケジュール:未定

連絡先:日野雄之(hinognu@yahoo.co.jp)

決勝戦
5月3日~5日に開催されるバックギャモンフェスティバル内で、お互いの空き時間で行う。
試合は15ポイントマッチ。具体的な開始日時は未定。(大盤解説は3日目)
終盤から大盤での解説、世界配信を行う。