JBL SHOPバナー

JBLについて バナー

10月14日 赤坂バックギャモン道場【活動報告ブログ】
2018年10月18日

10月14日の赤坂バックギャモン道場にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。初めての方1人を含む6人が参加してくださいました。5ポイントマッチを行い、棋譜をとり、試合後にそれを振り返るというのを主に行いました。

来週21日(日)はイベント日「クイズチャレンジ by 横田一稀日本選手権者」になります。前回と同じく横田が出題し、全問正解者には景品をお送りいたします。無料ですので、皆さんぜひご参加ください。

さて、赤坂バックギャモン道場を中心に開催される名人戦の東京リーグの募集締め切り(10/28)が近づいています。リーグ戦は長いポイントマッチを何試合も戦えるとても良い機会ですので、ぜひご参加ください。この予選を勝ち抜くと名人戦の決勝トーナメント枠が貰えます。参加希望の方はこちらに表明するか、例会で管理者にご連絡ください。 東京リーグの詳しい説明はこちらをご覧ください。

しかし、名人戦・盤聖戦のシステムがよくわからない人もいると思うので、下記に簡単にまとめます。

(名人戦・盤聖戦のシステム)

予選(6か月間)
各地方支部、例会で予選リーグを行い、代表者を決める。代表者の数(枠数)はその予選の参加人数、参加者のレーティングによって決まる。大きい支部は代表者も多いし、小さい支部は代表者も少ない。
リーグが開催されている支部・例会:東京、名古屋、北信越、大阪、高知、インターネット等

決勝トーナメント(2~3か月間)
上記予選を勝ち抜いた代表者によりオンライントーナメント(Grid Gammon)を行う。ベスト4以降はライブで集まり、準決勝、決勝を行う。日程は準決勝進出者の協議によって決められる。また、自分が住んでいる地域と別地区での開催の場合、会場までの交通費、宿泊費は補填される。

いやはや、名人・盤聖まではとても長い道のりですね。その分、リーグなどを何試合もこなし、運の要素は相当減じられ、本当に強いプレイヤーが残るシステムになっています。

こちらも、詳しくは公式ページをご覧ください。

第24期名人戦 景山充人選手優勝
2018年10月1日

2018年9月29日、30日、赤坂バックギャモン道場(東京、赤坂)におきまして第24期名人戦の準決勝、決勝戦が行われ、景山充人選手が日野雄之選手を25-16/25pで降し優勝しました。景山選手は11年ぶり3回目の獲得。

景山氏のコメント:小野俊一さんとの準決勝、日野雄之さんとの決勝はともにタフな試合でした。どちらもキューブが大きくなったゲームを勝って勢いに乗りました。心地よい緊張感とバックギャモンの面白さを存分に味わうことが出来ました。会場へ足を運んで下さった方々や中継をご覧になった方々にこの興奮と醍醐味が伝わったなら幸いです。運営のスタッフの方々、ありがとうございました。

トーナメント表
第24期名人戦グランドファイナル

〇準決勝、決勝の組み合わせと結果
準決勝 (9月29日)
田中準一 名人 vs 日野雄之(東京代表) 
日野雄之が25-12/25pで勝ち。

景山充人 (大阪代表) vs 小野俊一 (インターネット予選代表) 
景山充人が25-17/25pで勝ち。

決勝(9月30日)
景山充人 (大阪代表) vs 日野雄之(東京代表)
景山充人が25-16/25pで勝ち。

〇決勝動画リンク
景山充人 vs 日野雄之

〇決勝棋譜(景山充人 vs 日野雄之)
棋譜(.mat形式)
棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル)

〇準決勝動画リンク
田中準一名人 vs 日野雄之
(景山充人 vs 小野俊一の動画はありません。)

〇準決勝決勝棋譜(田中準一名人 vs 日野雄之)
棋譜(.mat形式)
棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル)

〇準決勝決勝棋譜(景山充人 vs 小野俊一)
棋譜(.mat形式)
棋譜(eXtreme Gammon 2 ファイル)

名人戦についてはコチラ

(左から日野雄之、景山充人、ディレクター望月正行)S_8652568208995

S_8652564016087

S_8652565498551

(準決勝の写真 左:小野俊一、右:景山充人)S_8652561350811

(準決勝の写真 左:田中準一、右、日野雄之)S_8652559753835

第24期名人戦準決勝、決勝戦のお知らせ
2018年9月22日

meijinheader_23
来る9月29日(土)、30日(日)の2日間にわたり、第24期名人戦の準決勝、決勝戦が行われます。1年間に及ぶ厳しい戦いを勝ち抜いた4人がタイトルを目指してぶつかります。観戦は自由ですのでお気軽に見学にいらしてください。(入場料1000円) また、30日(日)の決勝戦はライブ配信も行われます。

29日、30日は両日とも赤坂バックギャモン道場内で開催され、30日(日)の12時からは久保田奏氏によるスペシャルセミナーも開催されます。

準決勝の組み合わせ
日野雄之(東京代表) 対 田中準一(名人)
小野俊一(ネット予選代表) 対 景山充人(大阪代表)
*決勝戦は勝者同士で行う
トーナメント表のリンク 

場所:
準決勝 9月29日(土) 13時30分~ 赤坂クイーンルーム(赤坂バックギャモン道場内)
決勝 9月30日(日) 13時00分~ 赤坂クイーンルーム(赤坂バックギャモン道場内)

方式: 25ポイントマッチ1本勝負
持ち時間: 63分、1手につき12秒の保証時間あり

住所:
赤坂クイーンルーム
東京都港区赤坂3-10-5 クイーンビル4F

主催 日本バックギャモン協会
協賛 三松物産株式会社

連絡先:
日本バックギャモン協会 事務局
050-5275-1023
support@backgammon.gr.jp

9月9日 赤坂バックギャモン道場 【活動報告ブログ】
2018年9月10日

9月9日の赤坂バックギャモン道場にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。初めての方2人を含む13人の方々にお集まりいただき、大変な盛会となりました。この日は王位戦の予選が開催されました。
予選には8人のプレイヤーが集まり、優勝は望月プロを決勝で降した上田英明氏でした! 氏は9月23日の予選の優勝者と決勝戦を行い、勝者が王位戦チャンピオンシップのフリーエントリーを獲得します。また、上田氏は決勝の勝利によりレーティングが1200点を突破、自己最高点となりました。おめでとうございます。

例会後には近くの中華料理店に移動し、打ち上げとシュエットを行い23時近くまで楽しみました。
そこには元世界チャンピオンで現アメリカバックギャモン協会代表のJoe Russellさんが現れ、日本バックギャモン協会代表の来住野香子氏と歓談&プレイする姿も見られました。

次回9月16日は通常営業です。23日は王位戦の予選、30日は久保田奏氏によるセミナーを12時から1時間開催します。参加費は1000円、テーマはキューブの理論になります。ぜひお越しください。詳しくは赤坂バックギャモン道場をご参照ください。

IMG_5024

IMG_5023

日米バックギャモン協会代表対決。来住野氏が大勝利。
IMG_5027

予選優勝の上田英明氏。
IMG_5026

10/6 バックギャモンナイト in 福岡大名【活動報告ブログ】
2016年10月10日

いよいよ10月に突入し、今年も残り4分の1となりましたね。
日が短くなるのも実感する季節となりましたし、秋の訪れを感じる毎日です。

今回は、4人参加しました。
一人、ニューフェースの方も来ました。
少し短めに、5ポイントマッチや3ポイントマッチを中心に行いました。

この日は、サッカーワールドカップの日本対イラク戦が行われました。
引き分けで終わるかと思いきや、終了寸前に山口選手のシュートが決まり2対1で勝利。
これでまだ望みのある状況というところでしょう。
写真は、先制ゴール直後のシーンです。

IMG_0875

次回は、通常通り13日(木)の20時に開催します。
一人でも多くの方のご参加、お待ちしております。

福岡支部 小西

BMABトーナメント
2015年10月1日

9月21日の赤坂例会においてBackgammon Master Series (BMS)トーナメントを開催いたしました。BMSトーナメントとは、全ての棋譜を取り、Backgammon Master Awarding Body (BMAB)に提出することを目的の一つとしたトーナメントです。
BMABは世界中のライブゲームの棋譜を管理し、PRに応じて各プレイヤーにタイトルを与えていくものです。
BMABについて詳しくはhttp://bgmastersab.com/index.htmlをご覧ください。
参加者は
森内俊之さん、斎藤和弘さん、高橋こでぶさん、滝沢猛夫さん、木下和磨さん、長尾雅斗さんの6名でした。
7pマッチを6人総当たりで行い、全員が5試合ずつ戦いました。優勝は4勝1敗で斎藤和弘さんでした。おめでとうございます。
PRの平均が一番低かったのは森内俊之さんで、4.69でした。この二人は次回のBMSトーナメントに招待となります。

また今回、カメラによって全試合を撮影し、後日棋譜入れを行ったのですが、カメラの不調により木下―高橋、木下―斎藤、長尾―高橋の3試合の棋譜が入力できませんでした。大変申し訳ございませんでした。今後はこのようなことがないよう注意したいと思います。
キャプチャ.PNG a

6/14赤坂例会【活動報告ブログ)
2015年6月14日

IMG_2548毎週日曜日(月に1回休会)には、赤坂見附駅、赤坂駅から歩いてすぐの場所で赤坂例会を行っています。

6/14の赤坂例会は参加人数5名でした。レーティング戦、シュエットと盛りだくさんな赤坂例会でした。後半では、来住野vs滝沢の盤聖戦も行われていました。

最近の赤坂には、若い人が増えた印象を受けます。嬉しい限りです。

次の赤坂例会は、来週6/21(日)の開催となります。12時~19地までやっていますので、何時にきて何時にお帰りいただいても大丈夫です。

赤坂例会はレーティング戦を主とした本格派例会ですが、初心者の方の参加も大歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

6/7(日)赤坂例会【活動報告ブログ】
2015年6月9日

毎週日曜日(月に1回休会)には、赤坂見附駅、赤坂駅から歩いてすぐの場所で赤坂例会を行っています。

この日は○那須雅彦vs深澤茂×の名人戦の第2回戦が行われました。
13時からスタートし、17時頃終了。
息をのむ試合にギャラリーも増え、大拍手で試合は終了しました。

この日は長野から赤坂に遊びに来てくれた方がいたりと8名の参加。とても良い例会でした。
赤坂例会はレーティング戦を主とした本格派例会ですが、初心者の方の参加も大歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしております。
無題-150x112[1]

2/15赤坂例会【活動報告ブログ】
2015年2月16日

2/15日の赤坂例会では、アドミラルトーナメント、そして盤聖決勝が行われました。
望月正行 対 矢澤亜希子 の盤聖決勝を見に来た観戦者で室内が埋まるほどでした。
そんな熱い決勝を勝ったのは矢澤亜希子さん。矢澤さんは去年行われたモンテカルロ、今年のラスベガス、などの有名な大会の優勝経て、この日は日本タイトル「盤聖」を獲得されました。試合は11ポイント2セット先取で行われ、1セット目を矢澤さんがとり、2セット目を望月さん、3セット目の激闘を見事矢澤さんが勝ち取りました。

そんな決勝の横ではアドミラル産業株式会社様スポンサーの、アドミラルトーナメントが行われました。
決勝は日野 対 滝沢。
優勝は滝沢さんです。おめでとうございます。両者ともにトーナメント終了後はかなり体力を使っていた様子で、盤聖の決勝を観戦したり、ゆっくりとゲームを楽しんだりしていました。

またこの日は、なんと新しい方が3人も来てくれました!
皆さんバックギャモンがとても大好きな様子で、熱中してプレイされていました。

赤坂例会はレーティング戦を中心とした本格派例会ですが、初心者、初めての方にはルール説明からお教えいたします。
是非、お気軽にいらしてください!

DSC04807 DSC04820 DSC04907 DSC04873

第21期盤聖戦 準決勝、決勝の日程が決まりました。
2015年1月27日

第21期盤聖戦の準決勝戦、決勝戦を2月14日(土)、15日(日)に行います。
各地のリーグ戦から始まる、1年に渡る戦いを勝ち抜いた強豪による最後の戦いです。

日程:
準決勝 2月14日(土) 13時半から
決勝 2月15日(日) 12時半から

場所:
14日 アドミラル産業株式会社 3F
15日 赤坂クイーンルーム

準決勝の組み合わせ
望月正行(盤聖・東京代表) vs 山本雅人(ネット予選代表)
矢澤亜希子(東京代表) vs 板垣祐介(東京代表)

方式:11pマッチ3セット(2セット先取)

2月14日(土)はアドミラルで準決勝戦を行い、15日(日)は赤坂例会で決勝戦を行います。
観戦自由ですので、是非応援、見学にいらしてください。両日とも通常の例会も併催され、15日(日)はアドミラルトーナメントも併催されます。

キャプチャ